秋季彼岸会を奉修(2019年)

彼岸の結願(最終日)3月25日、秋季彼岸会を勤めました。不安定な天気が続く中で心地よい快晴となり、たくさんの方がご参詣くださいました。

法話は三宅町屏風の浄土寺副住職、藤田宏至上人がかわいい自作イラストも披露しながら、念仏者の信仰生活の在り方を示す「四修(ししゅ)」を中心にお取り次ぎくださいました。

法要では永代回向・塔婆回向・大念珠繰りを勤めました。お彼岸が終わると年末まであっという間です。日々の慌ただしさに負けず、お念仏生活に励みましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。