和文のお葬式

善福寺では通夜式も葬儀式も「和文のお経」でお勤めし、心をこめて故人を送ります。

親族も会葬者も僧侶も、全員が一緒にお経を読むという「全員参加型のお葬式」にしましょう。お経本を一人ひとりにお配りしますので、恥ずかしがらずに声に出してお称えください。葬儀式の際にお配りする本はお持ち帰りいただいて構いません。

以下は葬儀式の差定(式次第)と和文のお経です。

おつとめ(葬儀式)
入堂
醒覚(せいかく)の偈
敬って大衆(よのひと)に白(もう)す。生死(いきしに)のこと大(おごそか)にして、無常(うつりかわり)は迅速(たちまち)のあいだなり。
各々(おのおの)よろしく醒覚(こころ)すべし。
慎んで放逸(おろそか)なることなかれ。
開式の辞
※ 開式のアナウンスがなされます。
三法印(さんぼういん)
諸行無常(つくられたるもの うつりゆく)とは、これ第一(はじめ)の法印(ことわり)なり。
諸法無我(このよにあるもの ひとりあらず)とは、これ第二(つぎ)の法印(ことわり)なり。
涅槃寂静(おのれなきものに やすらいあり)とは、これ第三(おわり)の法印(ことわり)なり。
香偈(こうげ)
願わくはわが身の浄(きよ)きこと、香炉(こうろ)の如くならん。
願わくはわが心、智恵のともしびの如くならん。
念々(つね)に戒(いましめ)と定(しずけさ)の香をたき、十方三世(じっぽう さんぜ)のみ仏に供養し奉る。
三宝礼(さんぼうらい)
一心に敬って、十方世界に常住(かわら)ざる仏(さとれるもの)を礼(らい)し奉る。
仏(さとれるもの)は両足(ひととしひと)の尊さなり。
当に願わくは衆生(ひとびと)とともに、大道(さとりのみち)を体解(ふみしめ)て無上意(ふるいたつこころ)を発(お)こさん。

一心に敬って、十方世界に常住(かわら)ざる法(ことわりのみち)を礼(らい)し奉る。
法(ことわりのみち)は離欲(おのれなき)の尊さなり。
当に願わくは衆生(ひとびと)とともに、深く経蔵(おしえのくら)に入りて智恵海の如くならん。

一心に敬って、十方世界に常住(かわら)ざる僧(つどいのちから)を礼(らい)し奉る。
僧(つどいのちから)は衆中(いやさかえ)の尊さなり。
当に願わくは衆生(ひとびと)とともに、大衆(よのひと)を統理(すべととの)えて一切(よろず)無碍(さわりなきもの)とならん。
四奉請(しぶじょう)
請い奉る十方(じっぽう)の如来、道場に入らせたまえ。
請い奉る釈迦如来、道場に入らせたまえ。
請い奉る阿弥陀如来、道場に入らせたまえ。
請い奉る観音勢至(かんのん せいし)および諸々の大菩薩(だいぼさつ)、道場に入らせたまえ。
懺悔(さんげ)の偈
われ昔(さき)に造るところの諸々の悪しき業(わざ)は、みな無始(さけがたき)貪(むさぼり)と瞋(いかり)と痴(おろかさ)とに由(よ)るものなり。
わが身と語(ことば)と意(こころ)より生(お)こるところ、一切(すべて)われ今皆(ことごと)く懺悔(さんげ)し奉る。
十念
無常(むじょう)の偈
諸々の衆等(ひとら)聴きたまえ、日中(にっちゅう)無常の偈を説かん。
人生けるとき精進(はげみ)なければ、喩えば樹(くさき)の根なきが如し。
華を採りて日中(ひざかり)に置かんに、能(よ)く幾ばくの時か鮮やかなることを得ん。
人の命もまたかくの如し。
無常(うつりかわり)は須臾(たちまち)の間なり。
諸々の道を行(おさ)むる衆生(ひとびと)に勧む。
勤め修めてすなわち真(さとり)に至りたまえ。
引導(いんどう)の儀
※ 故人を極楽浄土へ、あるいは悟りへ引き導く御門(ごもん)を口上します。
弔電奉読
一枚起請文(いちまいきしょうもん)
唐土(もろこし)我朝(わがちょう)に、諸々の智者たちの沙汰(さた)し申さるる観念(かんねん)の念にもあらず。
また学問をして、念の心を悟りて申す念仏にもあらず。
ただ往生極楽のためには南無阿弥陀仏と申して、疑いなく往生するぞと思い取りて申す外(ほか)には別の仔細(しさい)候わず。
ただし三心(さんじん)四修(ししゅ)と申すことの候うは、皆決定(けつじょう)して南無阿弥陀仏にて往生するぞと思ううちにこもり候うなり。
この外(ほか)に奥深きことを存ぜば、二尊のあわれみにはずれ、本願にもれ候うべし。
念仏を信ぜん人は、たとい一代の法をよくよく学すとも、 一文不知の愚鈍(ぐどん)の身になして、尼入道の無智のともがらに同じうして、智者のふるまいをせずして、ただ一向に念仏すべし。

証(しょう)のために両手印(りょうしゅいん)をもってす。

浄土宗の安心(あんじん)起行(きぎょう)、この一紙に至極せり。
源空(げんくう)が所存、この外(ほか)に全く別義を存ぜず。
滅後の邪義をふせがんがために所存を記しおわんぬ。

建暦(けんりゃく)二年正月二十三日 大師在御判(だいし ざい ごはん)
摂益(しょうやく)の文
阿弥陀仏の光明(こうみょう)は、遍く十方の世界を照らして、念仏の衆生(ひとびと)を摂取(すくいと)りて捨てたまわず。
念仏一会
※ お念仏の間に焼香をしていただきます。
回向(えこう)
総回向(そうえこう)の偈
願わくはこの功徳をもって、平等(ひと)しく一切に施し、われらと世の人みなともに菩提心(ふるいたつこころ)を発(お)こし、安楽国(たのしきくに)に往生(すすみゆ)かん。
十念
送仏(そうぶつ)の偈
請うらくはみ仏ら、随縁(それぞれ)本国(みくに)に還りたまえ。
普く香(かおり)と華(はな)を散(ま)いて心にみ仏を送り奉る。
願わくはみ仏、慈心(あわれみ)もて遥かに護念(まもり)たまえ。
われら勧(はげ)ましあいて、みなともに仏道(ほとけのみち)にいそしまん。
十念
退堂
  1. etc

    南相馬市の仮設住宅へお手紙とプチプレゼントを贈りました!
  2. お知らせ

    お寺ポータルサイト「まいてら」に善福寺が登場!
  3. etc

    高野山に参詣しました!開創1200年記念大法会(4/2〜5/21)が開催中
  4. お知らせ

    お盆が終わり、エンディング産業展へ!
  5. etc

    バレンタインデーの大雪
PAGE TOP