阪神淡路大震災の慰霊法要に参加

「1.17」阪神淡路大震災から21年の歳月が過ぎました。今年は当日の地震発生時刻「5:46」に行われる慰霊法要に参加しました。

早朝にお寺を車で出発し、とりわけ火災の被害の大きかった神戸市長田区にある「あわせの地蔵」前で慰霊法要を勤めました。「あわせの地蔵」がある公園は震災後に造られたもので、宗派を超えて各地から集まった僧侶と地元が方々が多数集まり、読経のなか静かに手を合わせました。法要後は地元の方が用意してくださった温かい豚汁を頂戴しながら、震災当時の話をお聞きしました。

あわせの地蔵の碑にはこんな言葉が刻まれています。

しあわせ、力あわせ、手あわせ、巡りあわせ、待ちあわせ、音あわせ、あわさることで倍になる「いのち」の響きが聞こえてくる

その後、同時刻に別班が慰霊法要を勤めた鷹取教会へ合流し、キリスト像の前でも手を合わせました。 合掌

IMG_5917

IMG_5919

IMG_5921

IMG_5922

IMG_5925

IMG_5926

IMG_5924

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。