十夜会(2019年)

11月1日、見事な秋晴れのなか、2年ぶりの十夜会を厳修しました。昨年は五重相伝と重なり、十夜会としては勤められなかったためです。

日時  11月1日(金)午後12〜15時半
場所  善福寺

12時前 半斎供養(仏さまに御膳をお供え)
12時  昼食(お当番さんによる精進料理)
13時  写経「一枚起請文」
14時  十夜別時念仏(永代回向・塔婆回向・大念珠繰り)
15時  ぜんざいで休憩
15時半 お下がりを手に解散

十夜は十日十夜、つまり十日間の修行のこと。十夜会は本来、十日間の修行の成満を祝うものなので、昼食はいつも赤飯をご用意いただきます。また阿弥陀さまが法蔵菩薩と呼ばれていた頃の修行により、仏さまと成られたことのお祝いでもあります。ともかく有り難い日として、たくさんのお念仏で報恩感謝を示す法要です。

写経では「一枚起請文」を集中して書写、法要はいつも以上に長くお念仏の時間を取りました。ぜんざいを召し上がっていただき、歓談の後に解散となりました。ご参加の皆さま、お供え物を頂戴した皆さま、誠にありがとうございました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。