春季彼岸会を奉修(2019年)

彼岸の結願(最終日)3月24日、春季彼岸会を勤めました。春らしく明るい日差しの中、たくさんの方がご参詣くださいました。

法話は天理市和爾町の善福寺副住職、川野真広上人が二胡の演奏も交えながらお取り次ぎくださいました。二胡の優しく美しい音色で懐かしい歌を一緒に歌ったり、その歌にちなんで法話の花が咲き、最後には東日本大震災での出会いの中から生まれたオリジナル曲も聴かせていただきました。

法要では永代回向・塔婆回向・大念珠繰りを勤めました。さあ待望の春、お念仏にも精を出していきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。