お知らせ

先代住職の墓碑を建立

12月末、先代住職が自ら自身の墓碑を建立しました。本堂西側にある歴代住職の墓碑のとなりに、第32世として「観蓮社深譽然阿大瀛」と正面に刻みました。

いわゆる終活のひとつですが、そもそもお寺は毎日が終活のようなもの。浄土宗第二祖・聖光上人の有名なお言葉「念死念仏(ねんし・ねんぶつ)」が示すように、常に死を念じつつ念仏の日々を送っています。それは年末年始もいつもと変わらず、いつ訪れるとも分からない死と隣合わせの私たちが常に心がけておくべきことです。

とは言え、先代住職はまだまだ元気に長生きするつもりです。差し迫った死を意識するわけではなく、余裕をもっての終活の現れでもあります。臨終のその時までついぞ生の執着から離れられない私たちですから、この墓碑を見つめながらまた念仏の日々を過ごしていくことでしょう。

今年も一年間大変お世話になりました。新年も皆さまにとって喜びに溢れ、念仏のご縁多い一年になることを願っています。新年もどうぞよろしくお願いいたします。 合掌

工事中の様子

慎重に設置中

第31世と歴代内室の間に建立しました

北西には天理市役所がよく見えます

 

関連記事

  1. 墓参り

    桜満開(2018年)

    桜が満開です。善福寺参道のような天理高校沿いの桜は、白い雪柳と同時に見…

  2. お知らせ

    遂にエアコンを設置しました!

    7月となりお盆まで一カ月となりました。今年も猛暑が予想されていますし、…

  3. お知らせ

    8月6日「平和の鐘」を突きました!

    8月6日は広島原爆の日。原爆が投下された午前8時15分、善福寺でも「平…

  4. 墓参り

    平成28年お盆が終わりました

    今年のお盆も15日の盂蘭盆施餓鬼会をもって無事に終えることができました…

  5. お知らせ

    歳末たすけあい古本勧進へのご協力ありがとうございました!

    第四回となった「歳末たすけあい古本勧進」を2014年12月〜2015年…

  6. お知らせ

    天理市にもう一つ「善福寺」あります

    実は、天理市内に「善福寺」という名前のお寺がもう一つあります。しかも同…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


(Spamcheck Enabled)

五重相伝の開筵まで2018年11月1日
五重相伝いよいよ開筵!南無阿弥陀仏

最近の記事

  1. 行基菩薩生誕記念法要表白
  2. 五重相伝が成満しました!
  3. 剃度式が終わりました
  4. 五重相伝が始まりました!
  5. 五重相伝の準備をお手伝いいただきました

カレンダー

  1. 取材

    雑誌『サンキュ!』で住職の妻が時間の使い方をアドバイス!?
  2. 晋山式

    彼岸会法要(平成27年秋)を奉修!
  3. お知らせ

    バレンタインデーの大雪
  4. ママカフェ

    夏休み☆寺っこ体験、大汗で大盛況!
  5. こども食堂

    丹波市こども食堂を開催(2018年2月)
PAGE TOP