「おてつぎ信行奉仕団」に初参加しました!

3月28日、「おてつぎ信行奉仕団」で知恩院へ登嶺(とうれい)しました。善福寺として「おてつぎ運動」に参加するのは初めてでしたが、実に有り難い修行となりました。

おてつぎ運動は、法然上人のみ心を信じ、一人一人が心からお念佛を称え、家庭から職場へ、地域社会へと仲間の輪をつくり、全世界の人々の幸福と平和の実現に向けて、人から人へと法然上人のみ教えを広く現代社会に伝える運動です。

『おてつぎ運動綱領』
一、法然上人のみ教えを信じ、くらしの中で、お念佛をお称えしましょう。
一、浄土の信仰を人から人におてつぎし、同信とともに、お念佛をお称えしましょう。
一、明るく、正しく、仲良い社会を願い、人々とともに、お念佛をお称えしましょう。

総本山知恩院HP

今年50周年を迎えるという長い歴史ある「おてつぎ運動」は、檀信徒を中心にお念仏・ご法話・清掃のご奉仕を通して、お念仏の信仰生活を確認し、周りに伝えていくものです。

今回は初参加にあたり、お誘いいただいて近くのお寺さまと合同で参拝。いつもお世話になっているお寺さまで、隣村の杣之内・地福寺さまと桜井市の巻向・九田寺さまご一行と一緒に向かいました。

当日は早朝7時半に善福寺駐車場から出発し、バスに揺られて知恩院へ。10時からの結団式で団旗・袈裟・数珠を頂戴し、身を引き締めて行事にあたります。法然上人御堂や大方丈などでお勤め・ご回向・礼拝など何度もお念仏する機会を持ち、まだ寒さが身に染みる中でしたが、お念仏の声で身も心もあたたまりました。

昼食は知恩院の食堂(じきどう)で精進料理を頂き、午後は法話を聴聞し、午後3時頃から境内の清掃奉仕。今の時期は落ち葉も少なく元々綺麗でしたが、松葉などを集めてより一層の境内美化に努めました。

その後、現在も修繕中の国宝・御影堂(みえいどう)の中に入り、工事現場を見学。平成24年から始まった工事も屋根瓦の設置がほぼ終わり、これから徐々に素屋根(全体の覆い)を解体撤去していくとのことで、工場見学ができるのは今年5月末までだそうです。

解団式で感謝状や記念写真を受け取り、今回のご奉仕は修了。土産物を買って帰路につきました。

ご参加いただいた皆さま、一日本当にお疲れ様でした。今後、第二回・第三回と続けていきたいと思いますので、初めての方も二回目の方もどうぞ奮ってご参加くださいませ。

インド祭り!?春季彼岸会はインド尽くし

3月22日、平成29年の春季彼岸会を勤めました。先代住職が2月末にインドへ旅行したことから、今回はインド関連の話題で企画してみました。

<スケジュール>
11:45 半斎供養(お昼のおつとめ)
12:00 カレーライス(日本式)
13:00 インドのお話(安養寺 清水良将上人)
14:30 春季彼岸会のおつとめ(永代回向・塔婆回向)
16:00 お下がりを手に解散

▲ お釈迦さま説法の地・霊鷲山

言うまでもなく、インドはお釈迦さまがお生まれになって、仏教を広められた国(生誕地のルンビニーは現在ネパール領)。インドを知ることは仏教を知る上で欠かせません。そこで、一年の半分をインドのブッダガヤ(お釈迦さまがお悟りになった場所)で過ごすという神戸のお坊さんから、インド全般のお話をお聞きすることにしました。その方は神戸の浄土宗・安養寺の副住職、清水良将上人。まだ30代前半のお若い上人ですが、世界各国の僧侶と盛んに交流されています。

お話の前に、まずは当番さまにご用意いただいたカレーライス(これは日本式)を昼食に頂きました。普段はちらし寿司が多いのですが、今回はチキンカレーとなり、大好評でした。

▲ 仏さまにもカレーをお供え

清水上人にもカレーを召し上がっていただき、まずは日本とインドのカレーの違いからお話はスタート。その次は皆さん興味深いガンジス川の沐浴のお話。ヒンズー教の聖地であるベナレス(ヴァラナシ)が日本人的な感覚ではキレイとは言えないものの、信者にとっては喜んで沐浴する信仰の地であることを、分かりやすくお伝えくださいました。

▲ お釈迦さま悟りの地・ブッダガヤの大塔

そして清水上人がインドに滞在する際に暮らす仏心寺があるブッダガヤ。今でも人間と動物が混然と生きていて、世界中の仏教徒がお参りに訪れる聖地について、現地の生活や文化から信仰まで写真やビデオを見ながら詳しくお話くださいました。

▲ ガンジス川(ガンガー)

お話の後、法要までの休憩中に先代住職が土産話を少々。2月末の壺阪寺一行による旅行について、そして11月に再度インドへ向かうことを話されました。

最後に肝心の、彼岸のお勤め。永代回向・塔婆回向、最後に大念珠繰りをしました。お下がりを皆さんでお分けいただき、お持ち帰りいただきました。

年回法要としては、次はお盆になります。皆さまのお参りを楽しみにお待ちしております。

▲ 清水良将上人

おてらおやつクラブ発送(2017年3月)

3月14日のホワイトデー、今月のおてらおやつクラブを発送しました。

Facebookで寄付・お手伝いを呼びかけたところ、沢山のお菓子が連日届いてバラエティもボリュームもたっぷりのお供え物になりました。またお手伝いも、県内から二人のお坊さんが遠くから駆けつけてくれました。

年度替わりで何かと物入りなこの時期、思い切って県内外8カ所の団体へ「おすそわけ」。お米を小分けにしたり、素麺や海苔、お餅や缶詰など、ダンボールいっぱいに皆さまのお気持ちを詰め込みました。子どもたちやスタッフの皆さまで楽しく召し上がっていただければ幸いです。

ママカフェ会で次女もベビマ初体験!

1月25日に続き、ママカフェ会を2月27日に開催し、座敷でヨガ&ベビーマッサージをしました。

妊婦さんも二人参加され、子育ての話に花が咲きました。昨年9月に生まれた生後5カ月の次女もベビーマッサージを初体験! 親子で楽しみました。

最後にはお寺に沢山あったお餅を利用してぜんざいを召し上がっていただきました。大好評で皆さん残さず食べてくださいました。

御忌会でプチ終活!涅槃図を前に遺影を撮影!?

例年通り2月24日、法然上人の年忌法要である「御忌会(ぎょきえ)」を勤修し、ならびにお釈迦さまの「涅槃会(ねはんえ)」も兼修しました。

2017年(平成29年)は法然上人がご往生された1212年(建暦2年)1月25日から丸805年なので、806回忌にあたります。また、お釈迦さまは約2500年前の2月15日にご入滅されたと伝わり、その様子を描いた涅槃図を掲げてのお勤めとなりました。

おりしも先代住職(父)が現在インド旅行中(2月23〜28日)。先代にとって人生初のインド旅行で、お釈迦さまの仏跡地を数カ所巡っているところ、日本で涅槃図を拝してお勤めできることは何とも有り難いというか、時間と距離をこえて息づく仏縁に感謝する思いです。

そんなお釈迦さまと法然上人のご命日にちなみ、法要後に「プチ終活」の意味も込めて、プロのカメラマンに参詣者の顔写真を撮影してもらいました。もし気に入れば、いざという時に遺影の候補にしてもらえれば幸い、という企画。なかなか改まって写真を撮る機会って少ないもので、いざという時にふさわしい写真が見つからないこともあります。

ですので、この機会に本堂でキレイな写真を撮っておいて、いつ来るか分からないその時に困らないように役立てていただければと考えました。さらに、今後は終活サポートとして、お寺が檀信徒の遺影を保管しておくのも良いかもしれない、という思いもあります。お寺は元々、檀信徒や故人の記憶を留めておいて何度も再生していく場所。その役割の一端を遺影でサポートできる可能性を感じています。

ともかく、カメラマンの素晴らしい腕もあり、皆さん最高の笑顔で撮影できました。参詣者には後日現像してお渡ししますね。好評ならばまた開催したいと思います!

黄色い蝋梅が咲いています!

まだまだ寒い日が続いています。「お水取りが終わるまでは…」「お彼岸までは…」と春が待ち遠しい日々ですが、春を先取りするかのように蝋梅が寒さに負けず咲いています。

『まいてら』にも花だよりを掲載いただきました。ぜひ蝋梅の香りを楽しみにお参りください。

▼ 【花だより】奈良県天理市 善福寺の蝋梅の香りで春を感じよう! – まいてら
http://mytera.jp/calendar/zenpukuji4-roubai/

おてらおやつクラブ発送(2017年1月)

1月24日、法然上人ご命日25日の逮夜(前日)にあたるこの日、今月のおてらおやつクラブ発送を行いました。

先月に続き橿原市からお手伝いに来てくださったご夫婦と一緒に、法然上人を偲んで30分間お念仏をお称えし、それからお供え物をダンボール4箱に梱包しました。4箱のおさがりは天理市内の施設2カ所、磯城郡の施設1カ所、大和郡山の団体1カ所へお届けしました。

建暦2年(1212年)に往生されて806回忌となる法然上人も、きっと喜んでおられるに違いありません。

南無阿弥陀仏

平成29年 節会を開催しました

平成29年お寺の新年会として、1月10日に節会を開催しまいた。五重同行(五重相伝をお受けになった皆さま)を中心に、おつとめと新年食事会を行いました。

おつとめでは昨年亡くなられた五重同行の方2名の追善回向をしました。出席者による新年挨拶の今回のテーマは「昨年一番ビックリしたこと」でしたが、多くはあまりビックリせずに平和な一年だったようです。

余興には、昨年放送された「おてらおやつクラブ」のビデオ(フジテレビ『Mr.サンデー』の特集)を鑑賞しました。その後はビンゴゲームなどをお楽しみいただき、今年一年の健勝を祈念しました。

お寺からクリスマスプレゼント☆おてらおやつクラブ

クリスマス直前の12月22日、今年最後のおてらおやつクラブ発送日でした。テレビをご覧になった方から沢山のお供え物を頂き、これまでで最大量の支援物資の数々。時期的にクリスマスのパッケージのお菓子も多くあり、お寺からのクリスマスプレゼントとしてお届けすることにしました。

発送のお手伝いを募集したところ、奈良市から一人、橿原市からご夫婦一組がご来寺くださいました。お供え物や自作の仏像カードなどもご持参され、クリスマスプレゼントに花を添えてくださいました。また、多忙な師走のなか浄土宗青年会の仲間の参加もあり、総勢13名もの人数で賑やかなひと時となりました。

まずは皆でおつとめ、そして梱包作業。これだけ人数があればあっという間に作業終了、実にダンボール12箱も用意することができました。まだ残った支援物資は賞味期限に余裕があるので、来月以降に繰り越します。12箱のクリスマスプレゼントは、12カ所の支援団体(子どもたちを支援するNPOやフードバンクや学習支援施設など)へその日の内に発送しました。

ご協力・ご関心いただいた皆さま、ありがとうございました。引き続きご支援の程よろしくお願いいたします!

おてらおやつクラブ

ぽれぽれ堂-polepole dou(仏像グッズなど)