和文のお経

漢文のお経を分かりやすく日本語に訳したお経が「和文のお経」です。

訳し方にいろいろあり、浄土宗が定める公式な和文はありませんが、善福寺では意味の伝わりやすさと読むリズムを考慮して住職が訳しました。訳文のベースは住職が師事した神田寺(東京)の故・友松円諦師のものを拝借しています。

善福寺ではすべての法要で「和文のお経」を称えます。お経本をお配りしますので、一緒に声に出してお称えください。

おつとめ(日常勤行式)
醒覚(せいかく)の偈
敬って大衆(よのひと)に白(もう)す。生死(いきしに)のこと大(おごそか)にして、無常(うつりかわり)は迅速(たちまち)のあいだなり。
各々(おのおの)よろしく醒覚(こころ)すべし。
慎んで放逸(おろそか)なることなかれ。
三法印(さんぼういん)
諸行無常(つくられたるもの うつりゆく)とは、これ第一(はじめ)の法印(ことわり)なり。
諸法無我(このよにあるもの ひとりあらず)とは、これ第二(つぎ)の法印(ことわり)なり。
涅槃寂静(おのれなきものに やすらいあり)とは、これ第三(おわり)の法印(ことわり)なり。
香偈(こうげ)
願わくはわが身の浄(きよ)きこと、香炉(こうろ)の如くならん。
願わくはわが心、智恵のともしびの如くならん。
念々(つね)に戒(いましめ)と定(しずけさ)の香をたき、十方三世(じっぽう さんぜ)のみ仏に供養し奉る。
三宝礼(さんぼうらい)
一心に敬って、十方世界に常住(かわら)ざる仏(さとれるもの)を礼(らい)し奉る。
仏(さとれるもの)は両足(ひととしひと)の尊さなり。
当に願わくは衆生(ひとびと)とともに、大道(さとりのみち)を体解(ふみしめ)て無上意(ふるいたつこころ)を発(お)こさん。

一心に敬って、十方世界に常住(かわら)ざる法(ことわりのみち)を礼(らい)し奉る。
法(ことわりのみち)は離欲(おのれなき)の尊さなり。
当に願わくは衆生(ひとびと)とともに、深く経蔵(おしえのくら)に入りて智恵海の如くならん。

一心に敬って、十方世界に常住(かわら)ざる僧(つどいのちから)を礼(らい)し奉る。
僧(つどいのちから)は衆中(いやさかえ)の尊さなり。
当に願わくは衆生(ひとびと)とともに、大衆(よのひと)を統理(すべととの)えて一切(よろず)無碍(さわりなきもの)とならん。
四奉請(しぶじょう)
請い奉る十方(じっぽう)の如来、道場に入らせたまえ。
請い奉る釈迦如来、道場に入らせたまえ。
請い奉る阿弥陀如来、道場に入らせたまえ。
請い奉る観音勢至(かんのん せいし)および諸々の大菩薩(だいぼさつ)、道場に入らせたまえ。
懺悔(さんげ)の偈
われ昔(さき)に造るところの諸々の悪しき業(わざ)は、みな無始(さけがたき)貪(むさぼり)と瞋(いかり)と痴(おろかさ)とに由(よ)るものなり。
わが身と語(ことば)と意(こころ)より生(お)こるところ、一切(すべて)われ今皆(ことごと)く懺悔(さんげ)し奉る。
十念
開経(かいきょう)の偈
み仏の説きたまえる法(のり)は、そのことわり甚だ深くして、百千万劫(よろずのとき)をふるとも遭い遇うこと難し。
われ今耳に聞き心に受持(たも)つことを得たり。
願わくは如来の真実義(みこころ)を解(さと)らんことを。
四誓(しせい)の偈
釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)、阿難(あなん)に告げたまわく。
その時、法蔵比丘(ほうぞうびく)四十八の願いを説きおわりて、更に頌(ことば)を説いてもうさく。

われ世に超(すぐ)れたる願いを建つ。
必ず無上道(なしとげる)に至らん。
もしこの願い満たされずんば、誓って正覚(ほとけのくらい)につかじ。
われ無量劫(とわ)に大施主(たすけびと)となりて、普く諸々の貧しさと苦しみを済(すく)わずんば、誓って正覚(ほとけのくらい)につかじ。
われ仏道(ほとけのみち)を成しとげるに至りなば、わが名声(ほまれ)十方に超(きこ)えん。
もし聞こゆるところなくんば、誓って正覚(ほとけのくらい)につかじ。
われ欲を離れ、深き正念(しずけさ)と浄き智恵との梵行(おこない)を修めて、無上道(すぐれたるほとけのみち)を志(つよ)く求め、諸天人(よのひと)の師(みちびきて)とならん。
神力(ほとけのはたらき)は大光(つよきひかり)を演(さしの)べ、普く無際(いっさい)の土(くに)を照らし、また三垢(まよい)の冥(やみ)を消除(なく)し、広く衆生(ひとびと)の厄難(わざわい)を済(すく)わん。
ひとびとの智恵の眼(まなこ)を開き、昏盲(おろかさ)の闇を滅(なく)し、諸々の悪道(くるしみ)を閉塞(とざ)して、善趣門(たのしみ)に通達(いた)らしめん。
われ功柞(ほとけとなり)、願いことごとく満たしえて、その功徳の威曜(かがやき)、十方に朗(あき)らかならん。
ために日も月も重暉(かがやき)をおさめ、天光(てんのひかり)も隠れて現れることなし。
われ衆生(ひとびと)のために法蔵(おしえのくら)を開きて、広く功徳の宝を施し、常に大衆(よのひと)の中にありて、法(おしえ)を説いて獅子吼(やむことなし)。
また一切(すべて)の仏を供養して、諸々の功徳を具(そな)え、願いと智恵を悉く満たして、三界(ひとのよ)の雄(あるじ)とならん。
仏の無碍(すぐれたる)智恵の如きは、すべてに通達(わた)りて照らしたまわずということなし。
願わくはわが功徳と智恵の力、この最勝尊(さとれるもの)と等しからん。
この願いもし剋(よ)く果たさば、大千(せかいみな)まさに感動すべし。
虚空(みそら)の諸天人(もろびと)まさに珍妙(うるわし)の華を雨とふらすべし。
本誓(ほんぜい)の偈
阿弥陀仏の本誓願(おちかい)は、極楽往生の要門(たのみ)なり。
定散(われら)等しく回向(ねんぶつ)して、速やかに無生身(とわのいのち)を証(みにう)けん。
弥陀回願(みだえがん)
大悲願王(ふかきなさけ)の阿弥陀仏、および一切の三宝(さんぼう)の広大(かぎりなき)慈恩(めぐみ)に報い奉らん。
十念
一枚起請文(いちまいきしょうもん)
唐土(もろこし)我朝(わがちょう)に、諸々の智者たちの沙汰(さた)し申さるる観念(かんねん)の念にもあらず。
また学問をして、念の心を悟りて申す念仏にもあらず。
ただ往生極楽のためには南無阿弥陀仏と申して、疑いなく往生するぞと思い取りて申す外(ほか)には別の仔細(しさい)候わず。
ただし三心(さんじん)四修(ししゅ)と申すことの候うは、皆決定(けつじょう)して南無阿弥陀仏にて往生するぞと思ううちにこもり候うなり。
この外(ほか)に奥深きことを存ぜば、二尊のあわれみにはずれ、本願にもれ候うべし。
念仏を信ぜん人は、たとい一代の法をよくよく学すとも、 一文不知の愚鈍(ぐどん)の身になして、尼入道の無智のともがらに同じうして、智者のふるまいをせずして、ただ一向に念仏すべし。

証(しょう)のために両手印(りょうしゅいん)をもってす。

浄土宗の安心(あんじん)起行(きぎょう)、この一紙に至極せり。
源空(げんくう)が所存、この外(ほか)に全く別義を存ぜず。
滅後の邪義をふせがんがために所存を記しおわんぬ。

建暦(けんりゃく)二年正月二十三日 大師在御判(だいし ざい ごはん)
摂益(しょうやく)の文
阿弥陀仏の光明(こうみょう)は、遍く十方の世界を照らして、念仏の衆生(ひとびと)を摂取(すくいと)りて捨てたまわず。
念仏一会
南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・・・
別回向(べつえこう)
◯◯家先祖代々総法界(そうほうかい)追善(ついぜん)菩提(ぼだい)
総回向(そうえこう)の偈
願わくはこの功徳をもって、平等(ひと)しく一切に施し、われらと世の人みなともに菩提心(ふるいたつこころ)を発(お)こし、安楽国(たのしきくに)に往生(すすみゆ)かん。
十念
総願(そうがん)の偈
衆生(いのちあるもの)は辺(かぎり)なけれども、誓って度(みちび)かんことを願う。
煩悩(わずらいなやみ)は辺(やむこと)なけれども、誓って断ちきらんことを願う。
法門(ことわりのかず)は尽(つきること)なけれども、誓って学ばんことを願う。
菩提(さとりのみち)は無上(はるか)なれども、誓って証(なしと)げんことを願う。
われらと世の人みな、同(ひと)しく利益(めぐみ)を受け、ともに極楽(よろこび)に生き仏道(ほとけのみち)を成しとげん。
三唱礼(さんしょうらい)
南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏
送仏(そうぶつ)の偈
請うらくはみ仏ら、随縁(それぞれ)本国(みくに)に還りたまえ。
普く香(かおり)と華(はな)を散(ま)いて心にみ仏を送り奉る。
願わくはみ仏、慈心(あわれみ)もて遥かに護念(まもり)たまえ。
われら勧(はげ)ましあいて、みなともに仏道(ほとけのみち)にいそしまん。
十念
  1. お知らせ

    お盆が終わり、エンディング産業展へ!
  2. カフェ

    お寺でベビーマッサージ&手帳術講座!
  3. お知らせ

    朝念仏の会をスタートしました!
  4. おてらおやつクラブ

    子ども食堂シンポジウム@CoFuFunに登壇!
  5. 晋山式

    先代住職の晋山式の写真を発掘!
PAGE TOP